• ご注文・お問い合わせ
  • サイトマップ

祈願酒

代表挨拶
専務取締役 八木健芳

有限会社ヤギ・リカーズ 専務取締役 八木健芳

神様をもっと身近に感じてみませんか?

今の時代、神様と人間の距離がとても遠いように感じます。
昔は事あるごとに神社へ赴き、祖父母や家族と一緒にお参りをしたものです。
しかし社会の近代化が進むにつれ、神事文化が希薄になり、神社へ足を運ぶ回数が減っているのが現状でございます。

そんな現代社会において神様をもっと身近に感じて欲しい。
神様と人間はもっと密接な関係であることを思い出して欲しい。
祈願酒を通して、日本古来より脈々と受け継がれてきた神事文化を身近に感じていただければ幸いでございます。

祈願酒を通して日本酒の魅力を感じませんか?

日本人が日本酒を好まない。これはデータを見れば解ります。
さらには若者の酒離れ、日本酒離れ。
これはつまり、酒文化の衰退とも言える事態だと、私は思っております。

世界の酒文化からの観点から見ると、これは異常であり異様です。
自国文化を尊重できない民族。
言わば「プライド」が無い、そう言われてしまってもしょうがないのです。

日本人は日本人であるから日本酒を大事にする。
日本酒がいくら海外で売れ始めていても、自国の消費量が下がっているようではしょうがありません。
日本酒に対する理解、再認識、それが文化の維持と革新を促すのではないでしょうか。

祈願酒を通して日本酒に触れる機会を作り、その素晴らしい味わいを感じて欲しい。
祈願酒にはそんな酒屋の願いも込められています。